のりりんの京都日和

京都府在住ののりりんの徒然ブログ

武射神事

京都の祭事を撮るっ!
年始にそう目標を掲げて、きょう。
上賀茂神社の恒例行事、武射神事を撮りに行ってまいりました。

だいたい境内のどこで執り行われるかをまず確認。
Web上で事前に過去の写真をみたところ、それほど多くの見物客がおしよせる行事ではなさそう。
10時半からはじまるとのことで、少し早めに行って見物客の様子をみながら先に神社の参拝をしておこうと計画しました。

朝8時ごろ上賀茂神社到着。
一の鳥居より外側にもうひとつ鳥居が新設されてますね☆
そのあたりの道路や歩道が新たに整備される計画だそうです。
一の鳥居が二の鳥居になって、二の鳥居が三の鳥居になるのかな?ややこしやw。
で、鳥居をくぐると広い芝生の広場が真っ白。
雪ではなく霜が降りてます。
キンと冷え込んだイイ天気の朝、身の引き締まる思いがする境内です。
朝早いおかげで参拝客もまだ少なく、今のうちにと境内を撮影♪
檜皮葺の社殿にも霜がおりてていい風情です。

f:id:noririn_0610:20220116083455j:plain
上賀茂神社・白い境内
f:id:noririn_0610:20220116084002j:plain
上賀茂神社楼門

境内をぐるり一周、参拝客も少ないので神事撮影のための場所取りはせずに開始1時間前くらいに戻ればいいかな?
そう考えてクルマで小休止。
9時半ごろ戻ると予想通り、少しずつ見物客が集まりだしていました。
10時半から神事参加者の本殿でのお祓い等の神事、表に出てこられたのは11時すぎ。
武射神事は平安時代に宮中の小正月に行われていた「射礼」と呼ばれる魔除けの行事が始まりとされています。
たまたま今回は日曜ですが、毎年1月16日と日付が固定された行事です。
馬に乗って矢を射る「騎射」に対して馬に乗らない徒歩での「歩射」が転じて「武射」とのことです。
始まるころにはけっこうな混雑になってきました(^^;)

最初に神職による鏑矢の射的。
鏑矢の音で射場を清めるために行われます。
続いて丹塗り矢による射的が執り行われます。
魔除けの霊力を持つ丹塗りの矢で裏に「鬼」とかかれた的を射て、鬼を退治し邪気を祓います。
丹塗り矢といえば、下鴨神社玉依姫命が丹塗り矢を拾って部屋に置いておいたらご懐妊したという神話があります。
そして生まれたのが上賀茂神社賀茂別雷神さま。
丹塗り矢は上賀茂神社の神さまのお父上ということになりますかねw。

f:id:noririn_0610:20220116111936j:plain
鏑矢の射的
f:id:noririn_0610:20220116113144j:plain
丹塗り矢の射的

最後に小笠原流近畿菱友会による「百手式」が奉納されます。
小笠原流鎌倉時代から続く弓馬術礼法の流儀で、特に流鏑馬神事などで広く知られています。
上賀茂神社では笠懸神事の際にも弓馬術を披露されますね☆
もともとは10人×5組が2回の射的で計100回ホントに的を射たそうです。
今は少し簡略化されて6人が3組、うち1組が女性の組です。
先頭から後尾、少しずつタイミングをずらして五月雨式に射る仕儀が流れるようで美しく厳かです。

f:id:noririn_0610:20220116115126j:plain
百手式
f:id:noririn_0610:20220116120103j:plain
百手式
f:id:noririn_0610:20220116120906j:plain
百手式

ところで、今回が新しく購入したCANONの70-200 f4レンズによる初の撮影となりました。
軽量で扱いやすく、オートフォーカスも軽快で早いので今後のこうした祭事等の撮影に活躍してくれることでしょう♪

帰りに北山通り、久しぶりにわが母校の近所にある「ラーメンタンポポ」で「チャーシューメン」鶏ガラ醤油スープに背油・一味という銀閣寺系の老舗、チャーシューが知らないうちに厚切りに進化してました(^▽^)ウマウマ~☆

f:id:noririn_0610:20220116221502j:plain
チャーシューメン@ラーメンタンポポ

晴天の中、正月らしい雅で厳かな神事を拝観できて、新年からいいことありそうな気分になれました♪
上賀茂神社の神さまはこうした武芸や馬術の見物が好きだそうで、1年を通してそうした武芸奉納の神事がいくつか執り行われます。
前述の笠懸神事のほか徒然草にも記載のある賀茂競馬もあります。
できればことしこの両方の祭事も拝観したいものです♪
特に賀茂競馬はまだ一度も拝観してないのでみてみたいなぁ☆

のんびり

年末年始は仕事、その後の休日には初詣へ実家へと、あわただしく過ごした新年でした。
きょうは特に予定のない休日。
しかも朝から冷たい雨で外出する気にすらなれず(^^;)
そんなわけで、軽く部屋の掃除をしたあと、新年ここまで録り溜まってた録画の整理でも♪

年末年始の特番やNHKの「イッキ見!」連続放送、そして新年の新番組などなど、たくさん録画しちゃってます。
NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」も録画してあるけどまだみてないやw。
去年前半みそびれたNHKのアニメ「不滅のあなたへ」が全話放送してくれたのがうれしかった♪
途中で前半総集編をみてから、後半はみてたんですがw。
年が明けてからみてなかった前半だけでも全部みとこうと思ったんだけど、そのうちに新番組も始まっちゃって。
2022年1月クールのアニメも話題作、注目作品やこれまでみてた作品の続編が目白押し。
鬼滅の刃遊郭」が去年から引き続き。
進撃の巨人・Final Season」も総集編の連続放送後に続編放送開始。
新作では前にドラマでやってた「ハコヅメ 〜交番女子の逆襲〜」に注目です。
個人的に民放ドラマは苦手なのでアニメの方がみやすいですw。

そんな中、前からずっと注目してるのがBS12のアニメの放送枠。
ガンダムだけでなく「ボトムズ」「ダンバイン」「エルガイム」といったサンライズロボットアニメのOVAや劇場版などをいっぱい放送してくれるのがうれしいです♪
子どものころみることができなかったから、通常のテレビ放送版をやってくれるともっとありがたいんですがw。
ルパン三世」のファーストシリーズもBS12で毎週放送しててみてます。
そしてこの新年からサンテレビで「ガンバの冒険」の放送がはじまりました。
幼少時一番好きだったアニメのひとつなので、改めて最初から通してみられるのがとってもうれしいです♪
飼ってたハムスターに「ボーボー」とガンバの幼なじみの名前をつけるくらい好きですw。

今のアニメもおもしろいからよくみてるけど、むかしのアニメほどのインパクトを感じないのはなぜなんでしょう?
単に自分の子供のころからのなじみだからでしょうか?
でも、今のアニメが何十年も先まで語り継がれるとはどうも思えません。
絵とかストーリーとかだけではない何かしらの理由があるような気がしてなりません。
なんなんでしょうね?

ともあれ、新年も録画がパンクしないようにマメにみていかなくっちゃ(^▽^;)

残雪の鞍馬、貴船

ことしは寅年。
トラに縁があるお寺というと、毘沙門天さまのお寺を思い浮かべます。
聖徳太子毘沙門天から戦勝の秘宝を授かったのが寅年・寅の日・寅の刻だったという言い伝えから、京都の毘沙門天を祀るお寺には寅を象った像があったり寅年でなくてもトラの置物があったりしますw。
聖徳太子が秘宝を授かったことから建立したのが奈良の信貴山朝護孫子寺
京都の毘沙門天のお寺というと、山科の毘沙門堂鞍馬寺があります。


きのう今出川通りや賀茂川のあたりを歩いてて、比叡山などの山々がうっすら雪化粧をしていたのをみて、鞍馬あたりでも降ってるんじゃないかと思いました。
この冬ここまで京都で雪が降った時は仕事で雪景色がみられずくやしかったので、無理やり雪が降ってそうなところに行こう、とw。
寅年の縁とあわせて鞍馬に行こうと思い立たのであります。

期待をこめて朝一番に出発♪
本気で雪が積もってたらクルマでは近づけないので、京阪出町柳駅前までクルマで行って、そこから叡山電車で鞍馬に向かいます。
車窓からの風景は…思ったより雪がない(^^;)
市原から貴船のあたりまで来るとようやく家屋の屋根などに雪が残ってるところがちらほら。
山を上ればもう少し残ってるかな?
で、8時半ごろ鞍馬駅に到着。
大きな天狗さまが出迎えてくれます。

f:id:noririn_0610:20220106082314j:plain
鞍馬駅の大天狗さま

2019年の紅葉シーズン以来およそ2年ぶりになる鞍馬寺
屋根に雪が残る仁王門をくぐって、今回もロープウェイは使わずに歩いて山を上ります。

f:id:noririn_0610:20220106082906j:plain
鞍馬寺仁王門

上りはじめて10分ほどで由岐神社に到着。
何度か訪れていますが、厳かな雰囲気の山の社が好きで、ここに参拝するためにロープウェイに乗らずに山を上っちゃいます。
これまでの神社参拝で培った知識をもって改めて参拝する気で神社の説明が書かれた立て札を読むと…
ご祭神は、大己貴命(オオナムジノミコト)って、大国主神じゃないですか!
ボクが知らないだけで、京都にもあちこちにいるもんですねぇ大国さま(^^;)
もう一柱の少彦名命スクナビコナノミコト)は大国主に協力して国造りをした、大国主の相棒のようなお方。
これだから神社巡りはたくさんすればするほど楽しいですね♪

f:id:noririn_0610:20220106084117j:plain
由岐神社

ずんずん上ってって、30分足らずで鞍馬寺の本殿金堂に到着。
上醍醐こんぴらさんを上った経験からか、思ったより楽ちんに感じました♪
この金堂の脇に狛犬ならぬ阿吽の狛トラがおられます。
これをみに来たようなものでw。
トラの頭に雪が残ってたりしてないかな~と思いましたが、残念ながらそれはありませんでした(^▽^;)

f:id:noririn_0610:20220106091517j:plain
鞍馬寺本殿金堂
f:id:noririn_0610:20220106091807j:plain
阿吽の虎・阿形
f:id:noririn_0610:20220106091722j:plain
阿吽の虎・吽形

で、堂内を参拝。
厳かなろうそくの灯りが照らす堂内の雰囲気も好きです♪
日本三大毘沙門天のひとつにも数えられるという鞍馬寺ですが、ほかの2つはどこなんだろ?(^^;)
金堂ほか建物の周辺には屋根から落ちてきたと思しき雪だまりやつららがみられ、期待通りの雪景色の境内です。
境内から周辺の山々を眺めるとほんのり雪化粧。
あんまりドカ雪だと大変なのでこれくらいがちょうどいいw。
早くも目的を達成したのでさっさと下山しようか?
できれば山科の毘沙門堂にも行きたいし…
でも、山を上ってきたわりには余力があるので、せっかくだから奥宮~貴船神社まで行っちゃおう☆
というわけで、さらに石段をずんずん上っていきます。
源義経が修業したといわれる奥宮への山道。
杉の樹の根がうねうねと蛇のようで、修行する者の肝を試すような不気味な雰囲気。
でもそれがまたイイ♪

f:id:noririn_0610:20220106094225j:plain
木の根道

大杉社はじめ奥宮への参道は先の台風の被害でかなり傷んでいる箇所が見受けられます。
上醍醐准胝堂同様、山の中の堂宇や参道の修善はさぞ大変なことでしょう。
作業される方々の安全を祈るばかりです。
で、奥宮魔王殿に到着。
太古のむかし、護法魔王尊が降臨した磐坐・磐境として崇拝を受けている箇所です。
ちょうど到着したところにどんよりしていた空から日差しが。
魔王さまが笑ってる♪
そんな気がしました(^▽^;)

f:id:noririn_0610:20220106100200j:plain
鞍馬寺魔王殿

ここからは貴船への下り道。
たま~に石段に雪が残ってて滑りそうになります。
そういう場合、上りより下りの方が怖いですね(^^;)
そんなこんなで無事西門に到着。
前に一度通ったからか、それともそれなりに山に慣れてきたからかな?
本殿への山道だけでなくここでも思ったより楽ちんに感じる山道でした♪

西門から少し行けば貴船神社
かつては鬼の住処などといわれていた貴船ですが、そんな中で京都を貫いて流れる賀茂川の源流を祀る水の神さま。
お手水の社に掲げられた「水はいのち」という言葉に妙に納得してしまいます。

f:id:noririn_0610:20220106102116j:plain
貴船神社

本宮周辺はあまり雪が残っていませんねぇ。
元日の写真をみたりすると石段や灯篭にどっさり雪が積もってたんだけど(^^;)
でも、その先の結社奥宮にはかなり雪が残っています。
奥宮の前は一面真っ白☆
…ですが、カチカチの氷のようで、油断するとすってんころりんしちゃいそうw。
水の神さまであり、恋の神さまでもある貴船神社
もちろん可能な限り摂社末社全部を周るつもりで参拝したのでした。

f:id:noririn_0610:20220106105539j:plain
結社と天磐船
f:id:noririn_0610:20220106110735j:plain
白い奥宮

社伝によると、貴船神社神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し水神である高龗神(タカオカミノカミ)を祭ったのに始まるとされます。
社名の由来は「黄船」で、奥宮境内にある「御船型石」が玉依姫命が乗ってきた船が小石に覆われたものと伝えられています。
玉依姫って、下鴨神社のご祭神の玉依姫ですか?
貴船神社のご祭神に玉依姫の名はありませんが、一説には奥宮に玉依姫も祀られているとのこと。
神社を参拝するといろんなところでつながりが広がっていきますね~☆

ここまでで時刻はちょうどお昼時くらい。
というわけで、きょうの散策はこれにて終了。
午後から天気が良くなる予報が出てるのは知ってますが、夕方には実家に年始の挨拶と夕食に行かねばならないし、あすはまたお仕事なので(^^;)
帰り道、真新しくなった叡山電車貴船口駅から最初に電車に乗った出町柳駅の前に一乗寺駅で途中下車、昼食。
一乗寺ラーメンストリートでも一番人気の「麺屋極鶏」で「赤だく・チャーシュー増し」鉢一面真っ赤っかでどんだけ辛いのかと思いきや超濃厚スープと混ぜ合わせるとちょうどいい辛さになって、シコシコ麺にチャーシューにもからまって\(^▽^)/メチャウマ~☆
少し入店時に並びましたが待ってでも食べる価値があります♪

f:id:noririn_0610:20220106202106j:plain
赤だく・チャーシュー増し@麺屋極鶏

正月三が日に休みがなかったものの、きのうきょうと初春の風情を満喫できたと思います。
毎年のように参拝してた上賀茂神社はあえて外して16日の武射神事をみにいく計画。
同じく毎年のように参拝してきた城南宮にも遅くとも梅の季節には参拝したいですね☆

ようやく正月

年末年始の勤務が終わって、ようやくことし最初の余暇を得ましたw。
まあ、休みはあす6日の1日だけなんですが(^^;)
今月後半にはまとまった休みもあるので、それまでもう少しがんばります。

1年の計は元旦にありと申します。
もうすでに5日もたってますが、元旦に心に誓ったことをここに挙げておきます。

①実家に戻る
できれば引っ越し繁忙期の3月になるまでに実家に戻って生活しようと思います。
そこに間に合わなかったら5月の連休以降になっちゃう可能性がありますがw。
年老いた父母が心配ということが最大の理由ですが、近所で1人暮らししてるのも経済的にムダが多いということもあります。
生活リズムが違いすぎてしばらく迷惑をかけることもあるかと思いますが、毎日みんな元気な顔をみて暮らしている方がいいかもしれません。

②撮るっ!
ことしで半世紀生きてきたことになるのりりん、この先旅行に行く機会もそうそう多くないと思います。
そこで優先すべき被写体をきっちり見失わないように、旅行に行くにも目的をできるだけ明確にしたいと思います。
・国宝建造物を撮るっ!
おととしくらいから目標としてきた国宝建造物を少しでもたくさん撮影したいと思います。
とりあえず春まで滋賀の年、そのあと兵庫の年にする計画。
大阪、和歌山でも行きそびれているところがあるので、当面は関西の国宝建造物コンプリートを目指します。
・現存12天守閣を撮るっ!
これまで多くのお城を撮影してきましたが、今後は現存12天守閣のあるお城を優先して旅行先を設定していきたいです。
もちろんその中で復元天守、復興天守城址には行かないというわけではなく、それらも可能な限り行きたいです。
最大の難関になるのはきっと青森・弘前城でしょう(^▽^;)
・京都の祭事を撮るっ!
京都の神社仏閣、花の風景をこれまでたくさん撮影してきましたが、きっちり日程を調整して祭事の撮影を優先していきたいと思います。
ことしすでに下鴨神社の蹴鞠初めに行けなかったりしてますが、コロナ禍のあと再開される祭事をたくさん撮影したいです。
これら3つを中心に、もちろん桜や紅葉、ほかの花々の季節の風景もタイミングが合えば撮っていこうと思います。
…特にこれまでと変わりないような気もしますね(^^;)

③健康に!
最近少しダイエットがおろそかになりがちですが(^^;)
半世紀も生きてきて、カラダにあちこちガタがきそうなので、これまで以上に健康に気をつけていこうと思います。
体重をもう少し減らして足腰や胃腸への負担を軽くしたいですねw。
撮影の時もあえてたくさん歩くようにして体力増強に努めようと思います。

…とまあそんな目標を掲げつつ、最初の余暇。
仕事の合間の元日に近所の神社には参拝してるんですが、夜勤明けの仕事終わりに初詣に行ってきました♪
まずは最初に行っておこうと思ってた神社が2つ。
白峯神宮
京都御所にほど近い堀川今出川を東に入ったところにあります。
昨秋うどん県香川に旅行に行って、白峯寺こんぴらさん白峰神社に参拝してから、必ずここにも改めて参拝しようと思っていました。
鈍色の鳥居が厳めしく感じる外観、こじんまりとした境内。
お礼参りの気持ちを込めて二礼二拍手一礼。
和歌・蹴鞠の公卿宗家「飛鳥井家」の邸宅跡地に建てられていることから武芸・スポーツ上達の神さまでもあって、近所の学校と思しき部活学生がたくさん参拝に来ていました。

f:id:noririn_0610:20220105104057j:plain
白峯神宮
f:id:noririn_0610:20220105105644j:plain
白峯神宮

夜明け前はキレイな星空でしたがここにきてみぞれまじりに小雨が降る天気(ーー;)
もう少しじっくり境内を撮影したかったんですが、今回は香川に行ってきたご挨拶程度で済ませました。

次に行くところの前に、昼食。
白峯神宮から今出川通りを東に、烏丸通りを少し北に上がって、京都の横浜家系ラーメンの中でも人気の「麺家あくた川」で「チャーシューメン・中」家系らしい濃厚とんこつ醤油味に太ちぢれ麺、赤身のチャーシューは歯ごたえがあって(^▽^)ウマウマ~☆
ちなみに並<中<大で、なかなかのボリュームでした♪

f:id:noririn_0610:20220105215456j:plain
チャーシューメン・中@麺家あくた川

続いては去年まで同様下鴨神社に参拝。
干支土鈴も(戌年を除き)コンプリート、4日の蹴鞠初めにも行けませんでしたが、ここが発祥という丹塗りのご神矢はやっぱり授かっておきたい♪
大・中・小とあって小が卓上に飾れるサイズでちょうどいいんですよね~w。
糺の森を抜けて鳥居と立派な楼門をくぐって。
かっちょいいトラの大絵馬が出迎えてくれます。

f:id:noririn_0610:20220105122435j:plain
下鴨神社・干支の大絵馬

中門をくぐると言社と干支の社。
すっかりなじみで自分の干支の子年の社の場所も覚えていますw。
実は言社も大国主神を祀っています。
その奥にある国宝の2つの本殿(西殿・東殿)はガラス越しにうっすら見えるだけですが。
これまで気づかなったのですが、本殿のすぐ西となりの社、印社の方からちらっと本殿がみえること。
その本殿は昨秋参拝した日吉大社の社殿と同じく狛犬が社殿の上に乗っかってること。
そしてその狛犬が赤金、青銀というド派手なツートンカラーをしてることw。
ここ最近の神社参拝でいろいろ知ってからこうしたところをみるとまた新たな発見がありますね☆

f:id:noririn_0610:20220105122946j:plain
下鴨神社・印社

下鴨神社のご祭神は賀茂建角身命(西殿)とその娘の玉依比売命(東殿)で、玉依比売の子が上賀茂神社賀茂別雷命です。
言社の大国主とどんな関係があるのかと思ったら、玉依比売命大物主神もしくは大国主の子である事代主神の妻になったとのこと。
日本書紀』によると大物主は大国主の別名らしいのでややこしいですね(^^;)
今回含めて13年間連続になる下鴨神社の初詣ですが、まだまだ学ぶべきことが多いです。
ちなみにこんぴらさんの本殿前の立て札には「祭神 大物主神大国主神)、崇徳院を合祀」と書かれています。
明治になって神社になったこんぴらさん、明治政府は日本書紀をすべて史実とみなしていましたので大物主=大国主なんですね。
この大物主・大国主という両者の関係を掘り下げて調べてみるのもおもしろいかもしれません。
その後域内をぐるり周って、摂社・末社を改めて確認。
参道に真新しい社がたくさんありますね。
ここ最近で整備されているようです。

f:id:noririn_0610:20220105125256j:plain
下鴨神社・楼門

正月も5日になってるのにまだまだ参拝客が多かったですね~。
みぞれが降る天候でしたがその後晴れ間も出てたり変わりやすい天候でした。
スカッと晴れてたら白峯神宮下鴨神社の中間にある京都御苑も散策しようかと思いましたが、ここまで夜勤明けでけっこう歩いたので疲れちゃいました(^^;)
そんなわけできょうの初詣はこれにて撤収。
あすはことし最初のお休みw、トラに関係がある社寺に行ってみようかな♪

2022年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年といっても普通に仕事なので特に正月らしいことはできませんがw。
節目というのは大切にしたいと思います。
でないと迷子になっちゃいそうですからw。

新年最初の休みは5日の夜勤明けから6日にかけて。
それまではおあずけです(^^;)
毎年下鴨神社蹴鞠初めを観覧できるようにと4日に休みを入れてましたが、ことしはそれもなし。
16日が休みなので、上賀茂神社武射神事をみにいこうかな~なんて考えてます。

とりあえずきょうはご挨拶まで。

2022年がみなさまにとってよい年でありますように☆

f:id:noririn_0610:20210104184131j:plain

※12年前の寅年から下鴨神社の親子干支土鈴を授かってきて、ついにふりだしに戻りました。
ことしは再出発の年に、なるかな?

ことし最後の休日

きょうがことし最後の休日です。
あす大みそかの夕方から年明け5日の朝まで夜勤でお仕事の予定です(^^;)
まあ、だいたい例年通りの年末年始ですw。

きのうの夜勤明けからきょうの午前中にかけて大掃除…といきたいところでしたが、あまりできずじまい(^^;)
最低限水回りだけはキレイにしておきました。
で、午後からは実家の方の部屋の掃除。
こちらも予定通りにはなかなか進みません。
これも来年まで持ち越しかな~(^^;)
退院後の母はというと、手術後も順調のようでひと安心♪
家族みんな無事年越しを迎えられそうです。
実家で食べることし最後のごちそうは夕食はすき焼き(^▽^)ウマウマ~♪

2021年もあと1日ちょっととなりました。
ことしもいろいろありましたが、ちょっと振り返ってみましょう。

①春と秋の旅行
春に信州、秋にうどん県香川に旅行に行きました。
どちらも去年秋に行った島根と神がかってるとしか思えないつながりがある地域で驚きました。
来年春は旅行に行ってるヒマがなさそうな気がしますが、日帰りなら何とかなるかな?
どこに行こうかな♪

②滋賀の年
去年は奈良の年と決めて主に奈良巡りをしていましたが、ことしは滋賀の年ということで滋賀の国宝建造物を中心に走り回りました。
滋賀のお寺は今までにもたくさん参拝してましたが、今まで知らなかった立派な神社が多くて新たな発見が得られました♪
来春の桜シーズンまで滋賀の年を引っ張ろうと思っています。
そして次は「兵庫の年」にしていこうと計画中♪

③年の瀬の危機
12月ごろから立て続けにカメラレンズ、PCの外付けHDDといった機器の不具合に見舞われました。
年の瀬の何かと物入りの時期に痛い出費(ーー;)
外付けHDDのデータは復旧ソフトで無事もと通りに。
レンズも中古ですが比較的安価で別のレンズを購入できました。
これまでフィルムカメラのころからSIGMAの70-200 F2.8レンズを使ってきましたが、ついにCANON純正に。
新年は新しいレンズとともに♪

f:id:noririn_0610:20211230183504j:plain
CANON EF70-200mm F4L USM

④その他もろもろ
時事ニュースもいろいろありましたが。
コロナ禍の中で失政ばかりの政権与党が先の選挙で普通に勝利して、本気でこの国の民主主義の危機に絶望にも似た感覚を味わいました。
何より投票率55%前後という低さに絶望を感じます。
来年は参議院選挙がありますが、この調子で政治を現政権まかせ、他人まかせにしてしまう人が多ければ日本はこのまま衰退を続けることでしょう。

コロナ第6波がじわじわ近づいてきて、感染対策をいつまでたってもやらなきゃいけない、そんな重苦しい日々が続いたことし。
そんな中でも徐々にコロナ前に戻りつつある光明もみえはじめてきていると感じます。
笑門来福、コロナなんて笑って吹き飛ばしちゃいましょうw。

とまあ、ほかにもいろいろあった2021年でしたが、あともう少し。
みなさんがよい年越しを迎えられますように☆

この年の瀬に

きのう嵐山花灯路での撮影を終えて帰宅、写真を取り込むべくPCを立ち上げたら…
ん?
外付けHDDが機能してない。
PCの再起動など何度か試したけどPCがドライブを認識しない。
ええええええええ(;゜□゜)ガーン

写真に音楽、最近では動画も増えて、2TBの容量がパンパンになってきてて。
そろそろバックアップ取らなきゃな~と思ってた矢先の話。
前日まで古い写真をみかえして、「はてなフォトライフ」に掲載する作業を続けていたんですが、PCの動作にまったく問題はありませんでした。
それがまったく前ぶれなく突然の動作停止。
きのう撮影した写真はPC本体に落とし込んで、その分のアップロード作業は無事済ませたものの。
何度か再起動したりHDDを外して付け直したりしてると「使用するにはフォーマットが必要」とのメッセージが出るようになって。
フォーマットしちゃうと中のデータがパーになっちゃう。
以前外付けHDDを壊したときはバックアップ取ってなかった2年分くらい写真がパーになりましたが、今回は直近5年分くらいパーになる見込み。
それは困る!

というわけで、前に壊れた時に調べたデータ復旧ソフトを再度検索。
前の時は物理的にぶっ壊れたけど、今回はちゃんと電源が入ってPCがデータを読み込まないだけだから、復旧ソフトで何とかならないものか、と。
で、「wonder share」というところの無料データ復旧ソフトを試してみることにしました。
早速ダウンロードして作業開始。
お、ちゃんとファイルをみつけてくれる♪
…が、復元するにはやっぱりおカネがかかるみたい(^^;)
それと、何てったって2TBのデータ量、復元したデータを戻せるだけの容量がPC本体にない。
バックアップもかねて6TBの外付けHDDと128GBのUSBメモリー3つを緊急で購入することにしました。
この年の瀬に、出費がかさむことですねぇ(ーー;)
ただ、物理的にぶっ壊れたHDDからの復旧と比べれば微々たるもの。
(前の時は30万くらいかかると言われて復旧を断念しましたw。)
5年間の努力の結晶(?)がパーになることを考えれば、この程度の出費も致し方ありますまい。

そんなわけで、現在鋭意復元作業中(^^;)
写真データを最優先にしていますが、かなり時間がかかりそうです。
新たな購入品もあす以降にしか届かないし、写真以外は届いてからですね。
…まあ、それ以外のデータはたいしたものは入ってないんですけどw。
今後はもうちょっとマメにバックアップ取っとかなくちゃいけませんね~。
外付けHDDもある日突然ダメになっちゃうし、クラウドとかも活用した方がいいかなぁ?

せっかくなので直近まで作ってた「はてなフォトライフ」の過去写真アルバムをここでも紹介しておきます。

西国三十三所
2008年から10年にあった西国三十三所結縁御開帳の際に三十三所満願を果たし、すべての札所寺院で写真を撮影しました。
御開帳を優先して参拝したため天候などは考慮していませんでしたが、その後改めて好条件で参拝、撮影できたところは写真を更新していきます。
f.hatena.ne.jp

関西花の寺
西国三十三所に続いて第二のシリーズもの(?)を勝手に企画したのが関西花の寺二十五カ所巡礼。
2012年から3年ほどかけて、各寺のメインの花の開花時期や天候まで考慮して満願成就しました。
こちらもその後さらに好条件で撮影できたら写真を差し替えていきます。
f.hatena.ne.jp

「名城めぐり」
もともとお城の写真が撮りたくてはじめたカメラですが、2014年から「原点回帰」を期してほぼ毎年桜の時期を中心にお城の写真を撮るようになりました。
それ以前の写真もあれば掲載していく予定です。
f.hatena.ne.jp

当ブログにも紀行録が残っていると思うので、よかったら合わせてごらんください。